医療について

生活管理ができない人は生活習慣病の治療が

現代社会はある意味では生活習慣病のデパートともいわれます。
その生活習慣病の一例は肥満や糖尿病、さらに脳卒中や歯周病など様々です。
特に歯周病は人間の場合だと30歳代以上の8割ともいわれていますが、それを放置しておくと歯に歯石がついてしまい、それのために歯の根元を崩壊させていくので歯医者での定期健診が欠かせません。
さてその現代習慣病は人間だけでなくペットの世界にも波及をしているともいわれます。
そのペットにも歯周病が実際に存在しています。
世間の多くの昔のイメージだとペットなど歯磨きをしないでもいいと考える人が少なからずいますが、今頃のペットの食事はおいしくできているし、一部の飼い主などは和牛など人間の食事を与えてる人もいます。
それを繰り返していくうちにペットが人間用に慣れてペット用の食事をしなくなる場合もあると言われます。
そしてそれをやってると犬などペットの歯に歯石がついてきます。
こうなるとペット獣医さんに歯石を取り除いてもらい、その間はペットも人間と同じくして痛い悲しい体験をすることになります。
そしてその後に獣医から飼い主に対して食事指導がなされることになります。
なので人間もペットも普段の食事を含めた生活管理が大事になります。

Copyright(c) 医療 All Rights Reserved.